気分の波でサーフィンしようよ

気分の上下を乗りこなすための奮闘記と、カウンセリングの記録が主です。思いつくままに書いてるので文章がめちゃくちゃなことがよくあります。twitter→@gake_hake

カウンセラーとした約束の話。

カウンセラーとアームカットをしない約束をしたんだけど、あろう事かその次の日の朝には「もう守れない!!」となってしまった意思の弱い私は、毎回使っていたサビつきカッターをカウンセラーに預ける事に決めたのだった。カッターを渡す際、彼女は「もうばっけさん(私)が返してって言っても、返さないけど大丈夫?」と言い、私は彼女との約束を守る為に了承した。

それが去年の暮れの話。今私の腕はどうなっているかと言うと、以前より傷だらけである。使用しているのはハサミ。つまるところ、カウンセラーにカッターを預けた意味は無かったのだ。

暮れにした約束は私の中で大きな効力を持っていたはずなのだけれど、気持ちが落ち込んで行くにつれカウンセラーとの約束がなぜだかバカバカしくなっていき、ついにはそんな約束があったことなどすっかり忘れてしまっていた。身近にあったハサミを使っていくうちに、今度はハサミが以前のカッターのような「お馴染みの存在」に取って代わった。

今日のカウンセリング、次第に増えていく傷をみて、「ハサミも持ってきてください…。」下を向き、小声で彼女は言った。咄嗟に「無理だ。」と思った私は「あなたにハサミを預けても、他の自傷行為をするよ」と伝え、そのままセッションを終えた。

その帰り、ふと、約束をした日のことを思い出した。そういえば、握手をしながら約束したんだったなぁ。しかもあの日、彼女は私と話をしながら泣いたんだ。そっか、先生、泣いたんだった。 彼女をまた泣かせたくはない。

 

もう1度守ろうと努力してみてもいいかもなぁ。そう思った。