気分の波でサーフィンしようよ

気分の上下を乗りこなすための奮闘記と、カウンセリングの記録が主です。思いつくままに書いてるので文章がめちゃくちゃなことがよくあります。twitter→@gake_hake

彼女ともっとしたいという話

私はやっぱり性欲にエネルギーが偏り過ぎだと思うんだよ。無駄に性欲にばかりエネルギーが流れてしまってて本来すべきことができてないというのは大きな問題なんだよ。

逃げてるのだろうな〜。目の前の大事な課題から逃げてんだろな。エッチすること考えてるとぬくぬくと幸せになるからなぁ。

 

ところで。

彼女と寝たんだぞわたしは、という事実を知らしめたくて仕方ない。彼女は私にとってこんなにも幸せなものをくれるんだぞ!と叫びたい。なんなんだろうねこの自己顕示欲みたいなものは。

彼女と手を繋ぎたい、ハグしたい、あたまを撫でられたい、たくさんたくさん。彼女と寝るまでは会うたびにスキンシップを取っていたのだけど、寝たあとからはもう今までのスキンシップだけでは物足りなくなっていて、ひどい欲望の渦の中に自分が。

渦の勢いは私のいろんなことを飲み込むくらい激しくて、どうにもコントロールできない。

したいしたいと、彼女に触られたくて仕方ない自分が怖い。まるで彼女に「それ」しか求めてないみたいじゃないか。そんなことは無いのに、そんなことは絶対にないのに、彼女に対する罪悪感みたいなのが強くて困ってしまっている。

 

「してほしいです。」

この一言は重い。あなたにして欲しいんですって。彼女は私にお返しはさせないから。彼女は私がひーひー言ってるところを眺めるのが好きだと言うけれど、本当にそんなことあるのかって疑ってしまう。

あなたのしている事の対価が私の喘ぎ声だなんて、それでいいの?って。

している時の彼女は楽しそうだけど、私があまりにも求めすぎたらいけないのでは?

なんだか怖い。そのまま疎遠になったらなんて。多分ないと思うけど。

 

あー、またやりたい。やって欲しいよ。欲望と罪悪感がぐっちゃぐぢゃ

欲深いなあ私は。