読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気分の波でサーフィンしようよ

気分の上下を乗りこなすための奮闘記と、カウンセリングの記録が主です。思いつくままに書いてるので文章がめちゃくちゃなことがよくあります。twitter→@gake_hake

嵐のような焦燥のあとの

今日は焦燥がないなーと思っていた。

それで、いろいろなものを見たり読んだりしていたら腕を切りたくなって切ってしまって、人生を終わりにしたくなって首を吊ってみたりしてしまった。

どうしよう、カウンセラーにつったこと言ったらまた前と同じになる。やってしまった。どうしよう。どうしよう。死んでしまえばいいのよな。そうすれば迷惑をかけることもなく、家に帰って辛い思いをすることも無い。この先の辛さも無くなるし、全部終わりにできる。どうしようかなあ。カウンセリングに行かないという手もあるな。そうすればとりあえず目先の辛さはなくなるな。人生のレールをそこまで外れない状態で死ねる。今ならまだ綺麗なまま死ねる。

友達の引越しの手伝いをする約束をしていたのだけど、それは頑張って1人でしてほしい、手伝えないかもしれない。ごめんよう。

 

ところで、焦燥が強い時の自殺関連行動は抑えられたのに、焦燥がやんだ今日になぜ自傷行為に首吊りにやってしまったのだろう。

あーー、今なんとなく思ったのは、焦燥があった時はハッキリ「あ、いま首つろうとしてるな」と分かっていたから、それに向こうとする行動力を別のことに向けて動き、疲れて寝ることを繰り返して回避していたけれど、今日は連日動いていたせいで身体の疲労が溜まっていて、気をそらす行動を出来なかったからかもしれない。でも首をつる元気と、腕を切る元気はあったっていう、そういう話。

死ぬことを抑えるのにも結構エネルギーがいるのかもしれないな。動きすぎると、そのエネルギーを保つことが出来ないんだね。難しいね。たとえつらいことにエネルギーを使っていなかったとしても、限界まで疲れてしまうというのは良くないのかもな。学んだ。

あと、そんなに疲労したと思っていなくても、体は結構疲れていることもあるんだなという気づきもあった。

 

なんて、何を冷静に(笑)

友達は今日卒業式。友達の卒業式の日に私は人生の卒業式かよっていうね。笑えねえわ

 

頭がぼやけている。あー、カウンセラーに言うのやだなあ。またかえされるのめんどうだなぁ。はー、迷う。